鹿 の 落ち穂 拾い。 シカの「落ち穂拾い」――フィールドノートの記録から辻大和観察のきっかけ宮城県牡鹿半島の沖にある金華山は、面積約10平方キロメートルの小さな島翻訳

ミレーの「落ち穂拾い」に隠された深い意味

これまで、樹上で暮らすニホンザルと地上で暮らすニホンジカは、互いに無関係に暮らしていると考えられてきた。 ブナやモミの原生林が残り、ニホンザルやニホンジカをはじめ、野生の生き物が数多く生息している。 後日、文献を調べたところ、樹上の動物が落とした食物を地上の動物が採食するという行動は、ミレーの名画になぞらえて「落ち穂拾い」とよばれていることがわかった。 なぜなら筆者が書いた「わかったこと」は間違いではないからです。

もっと

ミレーの「落ち穂拾い」に隠された深い意味

・「落ち穂拾い」は、三月から五月にかけての春に集中していた(図1)。 それぞれの図表が、どういうことをわかりやすく表現しようとしているのか?を考えながら読み取りを行うのがポイントです。 ただ、サルは樹上を、シカは地上を主な生活の場としているため、この二種の動物は互いに無関係に暮らしていると考えられてきた。

もっと

シカの落ち穂拾い:本文まとめと感想・テスト問題(授業指導案)

日本中はどうか。 ただ、その詳細が検討されることは、これまであまりなかったようだ. 驚いたことに、数頭のシカが、サルが採食している木の真下に集まり、サルの落とした葉や花を奪い合うようにして食べ始めたのである。 では、この3人が、いったい誰なのか?というと・・・ この畑とは全く関係ない、普通に食べていくのも苦しい、近くの貧しい住民なのです。 これらの図表からどのような情報を読み取ることができるのかも重要です。 図表の読み取りについては、次に説明しています。

もっと

落穂拾い (絵画)

(仮説一とも少し関係があります。 それは、在留異国人や、みなしご、やもめのものとしなければならない。 しかし、一連の調査によって、この二種の動物がつながりをもって暮らしていることがわかってきた。

もっと