ローム メカテック。 ローム・メカテックの評判/社風/社員の口コミ(全5件)【転職会議】

環境認証・お客様からの適合証明書

環境配慮型製品を開発し、製品のライフサイクルを通して環境負荷の最小化を追求する。 625rem;display:-ms-flexbox;display:flex;-ms-flex-align:center;align-items:center;word-break:break-all;padding:10px;-webkit-transition:. また、以下のとおりあらゆるステークホルダー(利害関係者)の皆様と良好な関係を構築し、社会からの信頼を得て、企業の持続的な発展を目指します。 ローム・メカテックの力は、私たちの明日を高精度に組み立てる力。 また、事業活動を通じた地球環境保全活動を積極的に行っています。

もっと

企業情報|ローム・メカテック株式会社

各階層の長は、部下を正しく評価し、効果的な教育訓練を計画的かつ継続的に行う。 各階層の長は、部下を正しく評価し、効果的な教育訓練を計画的かつ継続的に行う。 国内 開発・製造・物流 開 発 京都テクノロジーセンター(本社) 〒615-8585 京都市右京区西院溝崎町21 京都テクノロジーセンター(京都駅前) 〒600-8216 京都市下京区塩小路通烏丸西入東塩小路579-32 横浜テクノロジーセンター 〒222-8575 横浜市港北区新横浜2-4-8 製 造 ローム浜松株式会社 〒435-0038 浜松市南区三和町10 ローム・ワコー株式会社 〒714-8585 岡山県笠岡市富岡100番地 ローム・アポロ株式会社 〒834-0111 福岡県八女郡広川町大字日吉1164-2 ラピスセミコンダクタ株式会社 〒222-8575 横浜市港北区新横浜2-4-8 ラピスセミコンダクタ宮城株式会社 〒981-3603 宮城県黒川郡大衡村沖の平1番 ラピスセミコンダクタ宮崎株式会社 〒889-1695 宮崎県宮崎市清武町木原727番地 ローム滋賀株式会社 〒520-0833 滋賀県大津市晴嵐2-8-1 ローム・ロジステック株式会社 〒719-0234 岡山県浅口市鴨方町益坂75 ローム・メカテック株式会社 〒621-0011 京都府亀岡市大井町土田3-6-1 海外 開発・製造 開 発 America Design Center Santa Clara 2323 Owen Street, Santa Clara, CA 95054 U. 加工工程で使用される樹脂パッケージ用モールド金型やリード処理用のトリム・フォーミング金型を含め、そのほとんどをローム・メカテックが供給しています。 ローム・メカテックが作る製品は、半導体製造のベースになる部分です。 ロームグループの一員として、 半導体社会を根本から支える企業です。 安全衛生関係諸法令やその他の要求事項および社内規定を順守する。

もっと

ローム・メカテック株式会社の採用情報

われわれは、「企業目的」「経営基本方針」などの目的・方針に則り、グローバルな視点で誠実に事業活動を行い、社会の持続的な発展に貢献します。 材料・副資材の調達や製品の購入は、より環境負荷の少ないものを優先する。

もっと

ローム・メカテックの面接/試験/選考情報(全1件)【転職会議】

Raman Nagar,Byrasandre, Bangalore-560093,India Finland Software Development Center Kiviharjunlenkki 1E, 90220 Oulu Finland ROHM POWERVATION Ltd. 極小の技術で、社会に貢献しています。 スマートフォン、タブレットPC、ハイブリッド自動車...。

もっと

ローム・メカテック株式会社の採用情報

188 Moo7, WHA Saraburi Industrial Land - WHA SIL, Nongplamor Subdistrict, Nongkhae District, Saraburi 18140 Thailand• ローム・メカテックは半導体製造用金型とリードフレームの開発・製造企業です。 各階層の長の評価は、部下に対する教育訓練の効果の程度によって行われることを原則とする。 働く人との協議および働く人が意思決定へ関与することにより、労働安全衛生マネジメントシステムを構築し、運用する。 。

もっと

海外拠点紹介|ローム・メカテック株式会社

つねに生産方式の近代化を図り、製品のコスト低減に努める。

もっと

ローム・メカテックの面接/試験/選考情報(全1件)【転職会議】

1 ;box-shadow:0 2px 8px rgba 0,0,0,. 安全・健康に関する教育・訓練等を計画的に行い意識の向上に努めるとともに、自主的活動の活性化により快適な職場づくりを推進し、負傷・心身の疾病予防を図る。 経営者、管理者、監督者、一般従業員たるを問わず、絶えず新しい知識の吸収に努め、 広い視野に立って科学的に判断のできる人を育成する。 広く有能なる人材を求め、育成し、企業の恒久的な繁栄の礎とする。 世界をリードする商品をつくるために、あらゆる部門の固有技術を高め、もって企業の発展を期する。 リスクアセスメントを実施し、職場における危険源とリスクの大きさを特定したうえで管理策を実行することで、リスクレベルを低減させ労働災害を防止する。

もっと