バスキア。 123億円のバスキア見た?「ぜんぶZOZO社長が所有」作品展 代官山で開催

バスキア作品に秘められた魅力とは

正当な絵の教育を受けていなかったバスキアにとってウォーホルは師にして、父親のような存在だったのです。 一時結成していたノイズバンド「GRAY」の名は交通事故のさい母親が病室に持ち込んだ本が由来している。 バスキアの作品はどんなもの?見ることはできる? バスキアの作品は、今でも見ることができます。 - ()• Brown Spots 師と仰ぎ、父のように慕った アンディ・ウォーホルに捧げた作品 世界でもっとも有名なバナナの作品を手がけた人といえば、アンディ・ウォーホル。 ある日、バスキアはを見かけて、自分の手書きのポストカードを売りつけた。 日本でバスキア展が開かれた バスキアの絵の展示は、実は日本でも行われていました。 そんな中、日本で初のオリジナル大規模展「バスキア展 メイド・イン・ジャパン」が、9月21日より東京・六本木の森アーツセンターギャラリーで開催されました。

もっと

ジャン=ミシェル・バスキア|27歳で夭折したアメリカの天才

バスキアはかなり有名な画家ですが、知らない人も多いかもしれません。 Mecca ニューヨークのもつエネルギーが 比類なきイマジネーションを生み出す源に バスキアが活躍した1980年代のNYは、世界中からさまざまな人種、モノ、情報が集まり、それらが混ざり合う中で新たな芸術活動が次々と起こって、世界中に影響を与えていました。 路上で活動していた18歳の時、ソーホーのレストランでウォーホルに会い、自作のポストカードを手売りしたこともあります。 徐々に彼の描いたスプレーペインティングは評価され、、の助力でニューヨークで個展を開くようになった。 そんな彼は15歳の時に家出をします。 ほかにロック歌手で「ツイン・ピークス/ローラ・パーマー最期の7日間」のデイヴィッド・ボウイ、「フランキー・ザ・フライ」のデニス・ホッパー、「スカーレット・レター」のゲイリー・オールドマン、「ラストマン・スタンディング」のクリストファー・ウォーケン、「イングリッシュ・ペイシェント」のウィレム・デフォー、「ネゴシエーター」のマイケル・ウィンコット、「ザ・ファン」のベニチオ・デル・トロ、「ザ・ロック」のクレア・フォーラニ、「フラート」のパーカー・ポージーとエリナ・レーヴェンソン、「がんばれ!ベアーズ」のテイタム・オニール、「フィーリング・ミネソタ」のコートニー・ラヴほか、豪華キャストが共演。

もっと

ジャン=ミシェル・バスキア

展覧会には特別展示として、前澤氏の個人コレクションから5点が、無料で公開されている。 ジャズやヒップホップ、アフリカの民俗や人種問題などを扱い、強烈なエネルギーであふれる彼の作品に対する評価は1988年の没後、ますます上昇。 名門グループ展に参加して高い評価を受けたバスキアは、アニナ・ノセイ(エリナ・レーヴェンソン)、ヘンリー・ゲルツァーラー(ポール・バーテル)、そしてビショップバーガーら錚々たる画商たちの注目を集める。 開催より一足先に、バスキアが見たニッポン「メイド・イン・ジャパン」の一部をフォトギャラリーでご紹介します。 キャンバスの右上に「MADE IN JAPAN」と書かれており、ブッフハートによれば本展のタイトルはここからとられているという。 バスキアの頭の中を覗き込むような作品だ。 画廊を営むアニーナ・ノセイは、バスキアにアトリエを提供し、次々と大作を製作させた。

もっと

バスキア展 メイド・イン・ジャパン Jean

2人は互いに友人同士として活動をしていましたが、1987年にアンディウォールは亡くなります。 本展では、バスキア研究の世界的権威ディーター・ブッフハート氏が、こうしたバスキアと日本との多方面にわたる絆、そして日本の豊かな歴史や文化がその創作に及ぼした知られざる影響を明らかにします。

もっと