感染 病 歴史。 “コロリ ” 対策も「手洗い」「換気」が重要だった:幕末から明治にかけてのコレラ大流行と予防法

感染症大流行「パンデミック」の歴史ー黒死病からコロナウイルスやインフルエンザまで

コロンブス交換と呼ばれるこの現象は、東半球と西半球の物資や作物、人のみならず病原体をも広範囲にわたり移動させた。 ペニシリンが開発されるまで常態化していた程流行。

もっと

「感染症の日本史」~答えは歴史の中にある|磯田道史“誌上特別講義”|文藝春秋digital

これは梅毒で、気の毒なことに、家康の子・秀康(福井藩主)も感染しました。 蘇州日商倶楽部(商工会)会長として、日中友好にも貢献してきた。

もっと

天然痘、コレラ…数々の感染症と戦ってきた日本の歴史

当時の為政者や民衆はどのように対処してきたのか。 国際観光客数は30年前には年間4億人でしたが、現在では14億人と3・5倍に増えています。 感染症後、世の中が劇的に変わる? が世界を、私たちの暮らしを揺るがしています。 日本で初めて官制病院が設置されたのは1722年である。 飛行機・空港といった交通網の発達などにより、今日パンデミックのリスクは高まっていると言えます。 すでに戦況が悪化、実際に使った場合、逆に米軍に生物化学兵器で報復されることを恐れたためだ。 そこでに続き、歴史作家の島崎晋氏の(青春出版社)から、日本がかつて戦ってきた感染症の歴史を解説していく。

もっと

「コロナ後」の世界は? 感染症の歴史から学ぼう【時事まとめ】

そうしたニュースや出来事の中から、DOL編集部が気になる出来事を厳選し、正面のみならず右から左から、価値あるニュース、楽しいニュースをお届けします。 コレラは人々の間で即死病として恐れられ、1日コロリ・3日コロリとして恐れられた。 しかし、庶民には浸透しておらず、各地方でいろいろな名前で呼ばれた。 原因も治療も十分に確立されていなかった時代には、感染症のパンデミックは歴史を変える程の影響を及ぼしてきましたが、感染症をもたらす病原体や対処方法が分かってきた19世紀後半になると、その感染症での死亡者数が激減しました。 旅行代理店勤務、歴史雑誌の編集を経て、現在、歴史作家として幅広く活躍中。 今後、定期購読していただいた方限定のイベントなども予定しています。

もっと

2020年回顧1 人類が根絶できた感染症は二つだけ 『猛威をふるう「ウイルス・感染症」にどう立ち向かうのか』

蘭学者の伊東玄朴が天保6年(1835年)に蘭独辞典にあるインフルエンザを「印弗魯英撤」と和訳した。 当時の保健衛生の担当者たちが、未知の病だった「インフルエンザ」というものにどう立ち向かい、核心に迫ろうとしていたか、その苦労と意気込みがひしひしと伝わってくる内容だ。 火葬し切れないほど山積みの棺おけを描いた『安政箇労痢(ころり)流行記』(国立公文書館所蔵)の口絵「荼毘室(やきば)混雑の図」 江戸時代は「コロリ」と恐れられた「コレラ」 「コレラ」という病名は、安政5年の江戸や文久2年の長崎の史料に記載が残る。

もっと

感染症の歴史

中米の帝国やが滅んだのはスペインの武力よりも、彼らが持ち込んだ天然痘のせいだったといわれます。

もっと

「感染症の日本史」~答えは歴史の中にある|磯田道史“誌上特別講義”|文藝春秋digital

江戸時代の流行では最も多くの犠牲者を出したというが、知識人や文化人が多く住む江戸での被害が大きかった安政のコレラの方が史実として有名だ。 風船爆弾に生物兵器を搭載し、ばらまこうとしていた。 人口の3分の1が亡くなった欧州では、生や死に対する価値観が揺らぎ、崩壊の一因になりました。

もっと

<コラム>インフルエンザの歴史、多くの感染病は日本起源でなく大陸・欧州から人が持ち込んだ|レコードチャイナ

/文・磯田道史(国際日本文化研究センター准教授) 磯田氏 3つの危機 今回の新型コロナウイルスは、流行のスピードがあまりに速く、日々刻々と事態が変わります。 感染病の根源は日本ではなく海外(主に大陸)から人が持ち込んだのは疑いのない事実だ。 これからも健康や医療、農業や食に関する本や記事をお伝えしていきます。 居住地の都市化が進み、街道が整備され荷車が発明され、馬車が登場すると人の移動は飛躍的に活発化した。 人は未知なる恐怖にさらされると、時代に関係なく、このような神秘的な救いを求めるものなのだろう。 各分野の専門家ではない管理人が個人で運営しておりますため、恐縮ですが、誤りなどを含んでいる可能性がありますことを予めご了承下さい(参考:)。 まず試されたのは享保18年(1733年)の謎の疫病大流行の時に出された「時疫流行候節此薬を用ひて其煩をのがるべし」の覚書に記されている黒豆・桑の葉・茗荷の根である。

もっと