ロナルド リード。 ロナルド・リードという、不幸な投資家の一生

マッタリ バリュー投資とカバード・コール: 普通の労働者でもコツコツ節約して長期投資で9億円 ロナルド・リード氏のポートフォリオ 保有銘柄

小銭を浮かすために近くの駐車場を絶対に使用しないで、いつも少し離れたところに駐めていました。

もっと

私たちがお手本とする個人投資家 その2 『ロナルド・リード』

そして、1945年に軍隊から名誉退任したあとはバーモント州に戻り、 そこで約25年間ガソリンスタンドの係員として働いていた。 昇給したこともなく裕福とは言えないどころか、 金融ブローカーにお金を預けて失敗したこともあった。 そして、アンが50歳で退職した当時、手元には退職金が500万円残った。 だいたい 10年間で2倍になります。 この方法だと手数料は株主名簿の管理をするトランスファー・エージェントであるコンピューターシェアに払う3ドルだけです。

もっと

米国株伝説の8億円「億り人」は誰でも実現可能?!

さらに、ブログを更新続けているので、より身近なロナルド・リードさんです。 アメリカン・エキスプレス(AXP• シュミレーション結果を見ると、時間の経過とともに、元金(赤線)より利息息・配当金収入)が増えていることが分かります。

もっと

ガソリンスタンドの店員がコツコツ株式投資で9.7億円の遺産を残す

いわゆるブルーワーカーとして働いてこられました。

もっと

ガソリンスタンドの店員が実は億万長者だった(ロナルド・リード氏)

25年後(300カ月後)には、投資資金は 9,573万円まで増加しております。 駐車場代を節約するため、駅から距離の離れた 無料駐車場を利用するなど、よれよれの服を着ていたためホームレスに間違われたり。 彼が投資を始めたのが37歳からなので55年間で800万ドルも築き上げたことになります。 >この人はロナルド・リード氏で、ずっとバーモント州ブラットルボローという街に住み、人生の大半を、地元のガソリンスタンドの給油係、その後は地元のJCペニーの掃除夫として過ごしました。

もっと

私たちがお手本とする個人投資家 その2 『ロナルド・リード』

ロナルドさんの質素な生活 ロナルドさんは質素な生活を行い、派手なことや贅沢な生活も好みませんでした。 彼は地元のデパートやガソリンスタンドの店員などをして生計をたてていたそうです。

もっと