共和 クリティケア。 医療用医薬品 : 塩酸ドパミン (塩酸ドパミン注キット200 他)

共和クリティケア株式会社: 会社概要

沢井製薬、東和薬品とも当該製品の品質への影響を完全に否定できないと判断し、このたびの自主回収に踏み切った。 多くのグローバル製薬企業のパートナーとして、中東、北アフリカ、中央アジア、東南アジア、南米、 ロシアなどでジェネリック薬を含む医薬品の普及に貢献してきました。 試験運転で全ての問題点が改善し、監督官庁の立ち入り調査結果も踏まえ、製造再開が可能と判断した。 回収ロットは? 全ロット回収になります。 神奈川県庁とは対応について協議を進めていると説明。

もっと

共和クリティケア厚木工場が発端の2020年8月3日の自主回収

輸液や注射剤を専門に受託製造しており、他の製造品への波及を懸念する声が早くも聞かれる。 この間、共和薬品も高い利益率でグループに貢献したが、ルピングループが成長率の高い米国やインドに経営資源を集中させるとの方針に転換したことをキッカケに、19年9月には共和クリティケアをネオファーマグループに株式譲渡、11月にはユニゾン・キャピタルグループが共和薬品のルピン保有全株式を譲受するなど、ビジネス面での大きな転換が図られていた。 当たり前だった事が当たり前ではなくなるのは恐ろしいことです。 自主回収に踏み切った背景について共和薬品は、すでに自主回収を開始した企業と同様、共和クリティケアの厚木工場で受託製造されたソフトバック製剤について2017年1月以降、環境モニタリング試験に不備があったとの連絡を受けたという。 発覚以降の「製造、出荷は止めている」(同社広報部)という。 共和クリティケア株式会社 KYOWA CritiCare Co. 後発品の参入により薬価は引き下がる一方で、ソフトバッグ製剤の設備投資はかさむ。

もっと

共和クリティケア厚木工場が発端の2020年8月3日の自主回収

なお、これまで本件に起因する健康被害の報告はないという。

もっと

共和クリティケア株式会社:自主回収に関する重要なお知らせ

【訂正】下線部の企業名の記載に誤りがありました。

もっと