菅原 敏。 詩のないところに詩を運ぶ 詩人、菅原敏が言葉と声と身体で伝えるもの|ANA Travel & Life

詩人・菅原敏が街に詩を注ぐ新番組『at home QUIET POETRY』が2月よりJ

彼らは黒人のジャズをバックにポエトリーリーディングをしていたんですが、読み物というよりはそのスタイルから大きな影響を受けました。 「Traveler」と「Tourist」の違いについても考えさせられた。 「面白いのは、野菜や魚を買いにきたおばあちゃんとかが、館内放送で詩の朗読を聞いてイベントに来てくれたり。 A Study of Cycles of Methane and Carbon Monoxide on the Earth's Surface• 「最近は詩を朗読する仕事も多いので、韻律や、日本語で声に出して気持ちのいいリズムを意識して創作しています。 だから少し健康的になれたかな。

もっと

詩人・菅原敏が街に詩を注ぐ新番組『at home QUIET POETRY』が2月よりJ

メディアプロジェクト「詩人天気予報」やSuperflyへの作詞提供、東京藝術大学とのプロジェクトや美術館でのインスタレーションなど、音楽やアートとの接点も多い。 YOUR VOICE 番組ではお悩みや相談など あなたからのメッセージを募集しています。 去年の4月1日に引っ越してきました。 「ちょうどいいカレンダーがなかったので、自分で線を引いて12ヵ月分のカレンダーを作っています。 1997 - 1999 北極域における温室効果気体の変動と循環の研究• 「Traveler」はどこの土地にも属さず、何年もかけ地球をゆっくり移動する人。 菅原敏(すがわら びん) 詩人。 もしも彼らが2017年に生きていたとしたら、どんな言葉を紡いだのだろうか。

もっと

菅原敏

なお、〈木の花・9号〉の「戦後の佳作」では を取り上げ、昭和40年代までのこけしについて丁寧な論評を加えている。 日本にいるときと変わらないですね。 少し前にSuperflyさんの作詞の仕事をしたのですが、私が書いた言葉が豊かな色彩と広がりをもって声になって戻ってくるという行程は、書き手として新鮮でとても幸せな時間でした。 100人近い観客が108帖の間で川の字に眠る姿は圧巻だ。

もっと

菅原敏

自分も最初はサックスを吹いていたのですが、次第に演奏に合わせて詩を読んだりしていました。 5月は友人の個展とお茶会のためにアメリカに、6月はリサーチで瀬戸内の島々と福島へ。 一編の詩に対して一枚の絵が対になっているのですが、この絵はアートプロジェクト「漂流郵便局」でも話題の現代美術家・久保田沙耶さんの手によるもの。 気象予報士との対談イベントや映画館での上映など、様々なメディアを横断する実験的な試みで注目を集めた。 装丁・挿画は、針と糸で作品制作をおこなう現代美術家の伊藤存が担当。 日本橋三越の館内放送で詩を読んだり、新宿伊勢丹でマネキンを従えて詩を読んだりしたこともあります。

もっと

読んで、燃やす......? 詩人・菅原 敏の新詩集。(フィガロジャポン)

多少感傷的になって心は揺れつつも、適度な緊張感から精神も研ぎ澄まされている。 思ったより作業もスムーズにこなせたのは意外でした。 そのなかで、改めて本とコーヒーとの相性の良さを感じたという。 昭和40年頃水戸屋旅館の改築に伴い湯元字薬師45-3へ転居し、庄七はここで亡くなった。 翌日の東京の天気を詩に織り込み、朗読する。 <菅原 敏(すがわら・びん)> 詩人。

もっと

どのようにして「光る茶室」が生まれたのですか? #菅原敏の職業図鑑(茶人編 vol.1)

声と詩 「デビュー作は、自分を色々なところに連れて行ってくれました。 Belikov Dmitry, Sugawara Satoshi, Ishidoya Shigeyuki, Hasebe Fumio, Maksyutov Shamil, Aoki Shuji, Morimoto Shinji, Nakazawa Takakiyo. 【菅原敏より、ごあいさつ】 「世界にひとつくらい、そんな番組があっても素敵だなあ」と。 その場合、システム上、送料が二重に加算されますが、ご注文後にこちらの送料を差し引きさせていただきます。 基本的には日本語での朗読。 でも後日、私の朗読会に「あの日、魚を買ってるときにあなたの詩を聞いたのよ」というおばあちゃんが来てくれたり。 [作品] 初作に近い時期のものは筆の走りがたどたどしく全体的におぼこいものが多かった。 キザだけど、どこかファニーな詩人・菅原敏。

もっと